※旦那がギャンブルで借金。ありえない金額とは。

後悔のオンパレード

長い人生の中で、もしもあの時、、、そう考える事は誰にでもあるのではないでしょうか。

あの時、親の反対を振り切って共学校に行ってたら、もう少し男を見る目も養われてこういう人を選ばなかったのでは?

あの時、上司に導かれるまま公務員になってたら、同じ公務員と結婚して、地味ながらも堅実な生活をしていたかな?

あの時、あんな飲み会に行かなきゃよかったよ、あの日、私は頭痛がひどくて気が進まなかった。でも、断る勇気がなくて仕方なく行ったんだわ!あーー失敗したーー!。行かなきゃ会社で他の人と知り合ったかもしれない。もっとまともな人と。出世しなくてもいいから真面目な人と。。ホント失敗したわ。

考えたらきりがなく、あの時あの時と後悔のオンパレード。

でも最終的に、、、今の旦那と結婚してなきゃこの子供たちに会えなかったんだ。。。それは嫌だ!だから、、良しとするか。。。この終わり方も定番。。

利息が一日5000円だと??!!早く返済しないと!

旦那に借金650万を告白され、まんじりともせず朝を迎えた私は『今日やるべきこと』を考えました。とりあえず旦那に休みを取らせ、自分も初めて『緊急事態』ということでパートを休ませてもらいました。それは、旦那に「利息はどれくらいつくのか?」と聞いたところ、「一日に5000円位」と言われ卒倒しそうになったからです。今日一日でまた5000円がなくなる。仕事行ってる場合じゃない!

当時、下の子も幼稚園に通い始めたのを機に私はパートを始めていました。とにかく蓄えを作らねば!の一心で。。子供の通園に合わせるため数時間の勤務でしたが、職場の雰囲気もよく、やりがいと達成感もあり「今日は3000円にしかならない。。」「今月は100時間超えたよ」などと一喜一憂しつつ張り切ってました。欠勤なし!

あーそれなのに、、、一日で利息が5000円??ふざけんなよ、パート代より高いって、、あたしはなんのために働いてるの?悲しいやら悔しいやら情けないやらで涙がでました。

しかし!!泣いていたって借金は減るわけでなし、どうにかしなくてはなりません。ここが問題なんですね。なんでオヤジが借金したのにあたしが何とかしなくちゃ!って!!?【オメーが思えよ!!ドアホ!】

子供を送りだした後、とりあえず旦那には全ての消費者金融に電話し、返済額を聞き出させ、私が銀行に振り込みに行きました【なんであたしがいったのさ!!??甘やかしすぎだろ!!】ATMからの振り込みでしたが、誰かにばれるようでドキドキしながら操作してました。旦那といえば、電話をし終ると振り込み先と金額を書いたメモを寝ころんだまま渡してきたんですよ!!アーめんどくせーって感じで。。ケリでも入れてやればよかった。思い出すだに腹立たしいです。

お金はたまってました。約5年でちょうどそれくらい。。頑張ったんです、私。でもまたすっからかんです。心が折れそうになりましたが、これで本当に借金は0になったんだと心から安心したのも事実です。やっともやもやの日々から解放されるんだって。また頑張ってためていこうと決心しました。我が家の未来のために!!

ここからしばらくは平和な日常が続きました。借金がないって思うだけで身も心も軽くなり、、あの安心感といったら。。。平凡な日々が愛おしく思えました。特別なことがなくていい。毎日笑っていられればそれだけで。。。

しかーし!!まだまだこれでは終わりません!水面下でまたも新たに始まっていたんですね、これが。。あっという間に自転車操業復活です。

この人生を自分で選んで生まれてきたのか?

神様は乗り越えられない試練は与えないといいます。人はその魂を磨くために自分で苦難の人生を選んで生まれてくるといいます。私はこういう人生を選んだのかぁ。。よほど前世で悪いことしたのかな?ちょっと過酷すぎやしないかい?もう一度生まれ変わったら二度と経験したくない人生だわ。

旦那はどんなつもりでこの世に生まれてきたんだろう?こんな人生をえらんだのは何故だ?ギャンブルで借金して奥さんと子供を路頭に迷わせて。。そこから気づきはあるのかよ?旦那にとっての試練はなんなんだろう?確かに仕事は頑張っている。寝る間も惜しんでやっている。でもこんな人生悲しくないかい??旦那は変わっていくのかな?

それでも救われるところがありました。うちに関してはありがたいことに子供がよくできたこと。これは何よりです。これ以上はないでしょう。感謝!!他所をみると、あの家は資産家で羨ましいと思ったら、子供に障害があって悩んでいる。夫婦仲がよくていいなぁと思いきや、息子が引きこもりとか。。傷のない家なんてないんですよね。みんな何かで苦労している。中にはいってみたら「あれまぁ」ってこといっぱいあります。みんな「隣の芝生」じゃないけれど他所がよく見えてるだけかもしれません。私もよく羨ましがられましたしね。何も知らずに(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です